Futaba★Cafe 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ウエディングケーキ

だんっとタイトルにも書いてしまいましたが、私にすごい依頼が!
そうですウエディングケーキです!!
っていっても披露宴のではなく2次会のウエディングケーキ。
でも趣味の域すら脱してない私が出来るのか心配でしたが幹事の頼みに勢いでO.Kしてしまいました。新郎も友達だし…
引き受けてから結婚式まで1週間しかなく、プレッシャーと60人分のケーキを何にするかで本やレシピ帳とにらめっこの毎日。
当日に車で1時間運搬することを考えて高さのない大きなスクエアケーキに決定。

20070531230718.jpg

これが運搬前の完成したケーキ。
頑張りました!75?×40?のウエディングケーキ☆☆☆
いちごと生クリームいっぱいのケーキです。
会場で仕上げの粉糖とウエディングプレートを飾ってもらって本完成です。

<組み立て>
20070531235443.jpg 20070601001854.jpg

前日にジェノワーズを30×40の角型で4枚焼いて寝かしておきました。
ジェノワーズ2枚を底に敷く → クームシャンティ → スライスいちごを並べる → クレームシャンティ → ジェノワーズ2枚上に乗せる → クレームシャンティでナッペ

20070531235510.jpg 20070531230823.jpg

ナッペが思いのほか大変…
こんな広くナッペをするのも初めてでシャンティの量のいることいること!
途中で足りなくなり買出しいくはめに?。
時間がかかってしまい少しもろもろになったり角が出なかったりと段取りの悪さに反省もいっぱい…
あとは飾りで、ふちを絞りで1周?これも握力がもたなくなって大変。
中にフレッシュフルーツ(いちご・チェリー・葡萄)を乗せて、ミントを飾って完成☆☆

<2次会本番のウエディングケーキ☆>
20070531235550.jpg

携帯で送ってもらったUPなので見にくいですが本番の会場の様子。
無事に運べてケーキカットもしてもらえたと聞いただけでもう満足です。
喜んでもらえてると嬉しいです。
友人の幸せの少しのお手伝いとウエディングケーキという2度あるかどうかの機会に会えたことに感謝です♪
新しいことにの挑戦とステップアップにも。
そして機会をくれ手伝ってくれた幹事、相談に乗ってくれた姉にもとっても感謝☆
今までにない達成感がありました、ありがとう♪
 
 
スポンサーサイト
クロワッサン

20070529180549.jpg20070529180603.jpg

今回のパン教室で『クロワッサンクロワッサン』を習ってきました。
以前に1度習ったんですが、今回は少し材料や配合が違いました。
砂糖を減らしてコンデンスミルクが入ったクロワッサン。
それと成型にも違いが。
左photoは大きめ成型の “クレセント” (クレセントの意味は三日月型?)
上のトッピングがあるのは “クレセントオザマンド” でアーモンド生地とスライスを乗せてます。
右photoは “ツイスト” で生地をねじってパウンド型に入れて焼いてます。
今回でシートバターを折り込む生地作りは3回目。
苦手&不得意?と思いながらも3回目になると知らず知らず上達してるのにびっくりにっこり
今回はバターを挟んで伸ばす作業もこわごわのならず思いっきり出来て楽しさも実感!
きっと前回よりキレイにバターが折り込めてるはずっ!

010.jpg  クレセントのアップ?♪
 成型はまだまだですがバターが切れず
 端まで折り込めたと思います。 
 切った層のphotoをUPしたかったです。
 焼きたてはどれもサクサクふわっの食感☆
 やっぱり美味しい?♪
 冷めて落ち着いてから食べたのも、
 しっとりふわっでまた違う美味しさ。
 私はこっちの方が好みです。
いちごショートケーキ

20070524233029.jpg

こんなにシンプルなケーキを作るのはひさしぶりです。
作りそうで作ってないのがショートケーキかも…。
実は今回作ったのも友人の依頼があったのでその試作!
失敗できない頼まれものなので自分の練習も兼ねて作ってみました。
四角いスクエア型でスポンジ生地をジェノワーズヴィーナマッセの2種類の試し。
このphotoはバター分の多いヴィーナマッセです。
飾りのミントは父の自家栽培☆とっても助かります☆

20070524233007.jpg20070524233020.jpg

これはカットする前、やっぱりナッペは難しいです…
側面が波打ってでこぼこ…まだまだです。
あと生クリームが足りなくって飾りの絞りが出来なくて少し寂しい仕上がりですね。
この練習もしたかったのに?!
でもとりあえず形にはなったのでちょっとだけホッ♪

いろんな人にどっちが美味しいかとそれぞれの感想&評価の報告義務付の押しつけ試食ってもらいました。
でもどっちが美味しいかは半々の意見で余計に迷うことに…
まとめてみるとジェノワーズは味はいいけど少しパサパサ感があって、ヴィーナマッセの方がしっとりしてていいけど少し舌触りが少し悪い、でした。
悩んだあげく、本番はジェノワーズをフワフワしっとり焼けるように修正して頑張ることにしました。
今からプレッシャーですが、ステップアップできる課題をくれた友人に感謝です☆




 Fore Confiserie

20070517201750.jpg20070517201737.jpg

esコヤマお菓子教室に行ってきました。
今回は4種類のコンフィズリースイーツを習うことができました。
どれも作ったことがないどころか、どうやって作るのかさえ ???
子供の頃に食べた砂糖菓子はとにかく甘くて食感もよくなくって、そのイメージ…
でも最近になってよく耳にしたり専門店が出来たりと人気のスイーツなのを知って、
改めて食べてみると、あれっ美味しいかも…と思い直してたところ!
前回のお茶のスイーツといい今回のコンフィズリーといい、私の気になっているツボをシェフはわかってくれてるようです☆☆

では、小さいけどぎゅっと詰まったスイーツたち♪
“抹茶のマカロン” (左photo-右端)
ふんわりタイプのマカロンで、フォンには抹茶とは別に玉露の粉末を入れて香りと色のコントラストを出す工夫。クリームはホワイトチョコと抹茶のガナッシュ。
口に入れるとフォンの外側がカリッとしてて中はネチッとした歯ざわり、そして相性ばっちりなガナッシュとが一緒になって、これぞマカロンって感じプラス抹茶の香りも広がってほんと美味しい♪
最近まで食べず嫌いだった今までがもったいない…と思いました!
“フランボアーズ ギモーブ” (左下)
ギモーブとはマシュマロのことで、メレンゲは使わず砂糖と果汁で作るスイーツ。
砂糖と赤紫の鮮やかなフランボアーズのピューレを力いっぱい空気を入れながら混ぜていくと、こんなやわらかいピンクになるんです。
このギモーブとっても柔らかくってお餅みたいに伸びるんですよ!マシュマロなの?って思います。
口の中にいれると甘いけどすっと溶けていく。
“キャラメルブールサレ” (左上)
子供が大好きなキャラメル、でもこれは大人のキャラメル「塩キャラメル」!
バニラビーンズたっぷりのキャラメルクリームにほんのり甘いお塩?。
堅くて歯につくキャラメルとは違って、指で押すと形が変わるぐらい柔らかいキャラメルで、噛むと伸びるんです。しつこくなくってもう一つ?と食べたくなるぐらい美味しい。
やっぱり子供にはもったいないオトナキャラメル☆です。
“パート・ド・フリュイ”?パッション&マンゴー&ジンジャー (上中央)
これはシェフのデモのみでした。
これも砂糖と果汁で作るスイーツで、弾力のあるゼリーのような食感。
パッションフルーツに生姜のアクセントがあるので甘くても食べやすい。
昔食べてたのとは比較できないぐらい美味しいのに、なぜか懐かしく感じるスイーツでした。

001.jpg Mother’s Day 
 これは母の日のプレゼント用に頼まれて作ったサブレの
 詰め合わせ。
 ちょっと暗いphotoですが4種類の詰め合わせ。
 お任せだったので、バニラ&ピスタチオ&抹茶のサブレと
 カリカリクッキーにしました。
 気に入ってもらえると嬉しいです☆


 
 フランスパン
パン教室でフランスパンを習ってきました。
このために続けてきたと言ってもいいほどの念願のパン☆
私が1番といっていいほど好きなのがフランスパンなので!
でも家で美味しく作るのは難しいってあきらめてました…。
ちゃんとポイントさえつかめば家でもバリバリのフランスパンができるんですね。
今回は同じ生地で成型をわけて3種類のフランスパンを作りました。

20070504223034.jpg20070504223050.jpg

これは1番オーソドックスなフランスパン
オーブンの関係で短めなので、バタールともバケットとも呼べないのでフランスパン!
先に作っておいた発酵種を使っての生地つくり。
低温でゆっくり発酵させてクープを入れ蒸気注入して焼成です。
別の天板に石を弾いて熱して水をかけての作業、これが家ではネック…。
でもやってみると以外に簡単♪
ただ石を集めるのが大変かも…

出来上がりは蒸気注入したかいあってクラフトは艶があってバリバリ。
スライスしてみると中はふわふわでモチモチです。
噛みしめ噛みしめでめっちゃ美味しかったです☆☆

20070504223135.jpg20070504223109.jpg

こちらはチャンピニオンエピです。
シャンピニオンはマッシュルームの意味の通り、かさ付のかわいい形がいいですよね。
へたっぴな成型で大小いろんなキノコになってしまったけど、それこそキノコっぽくていい感じかも。
エピは麦の穂の意味。これも名前の通りの形でパン好きには感謝したくなる形です。
どのパンもクラフトがバリバリで中はふわっ☆

フランスパンは焼きたてよりも冷めてから食べるほうが美味しいんですが、それから4時間が美味しい命だそうです。やっぱり手作りしないと?!

20070504223151.jpg 次の日のお昼はフランスパンランチ☆
 スライスしたパンを霧吹きして軽く温め
 て、マスタードマヨと黒胡椒を利かせた
 タマゴのディップを添えて。
 それとキュウリのハムロールサラダと
 ホウレン草のクリームスープのメニュー。
 1日たったフランスパンもまた違う
 美味しさがあって、簡単な料理でも
 満足満足なブランチになりました☆☆
 

dai

Author:dai
きまま★Cafeにようこそ!
とにかく食べることが好き。パン・お菓子作りやカフェめぐりが楽しい。
働いているcafeのスイーツもちょこっと作ったりしています。
そんな美味しい楽しいをおすそ分けできれば

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。